にんにく卵黄は昔から作られていた

にんにく卵黄は、九州地方などで昔から作られて利用されてきた健康食品です。
ご家庭でも作ることができます。
にんにく10個に卵黄5個を準備し、ニンニクの皮をむいてゆで柔らかくなったらつぶします。
弱火でにんにくを煮詰め少量の卵黄を入れながら熱を加えていきます。
加熱しながら少しずつ加えて煮詰めていきましょう。
焦げないようにしっかり混ぜ続ける必要がありますよ。
水分が飛んだら粗熱を取り手に油などを塗って丸めて出来上がりです。
焦がさずに丹念に練り続けるという根気のいる作業です。
時間も手間もかかりますし、にんにくのにおいがかなり強く、苦手という人にはまず無理な作業です。
ふだんからにんにくをどんどん食べられるという人は、こうしたにおいにも負けずにできると思いますが、にんにく卵黄を飲もうと思う人は、にんにくの香りが苦手という人も少なくありません。
こうしたにおいや時間、手間などを考えると、やっぱり通販などで手軽に良い商品を購入したほうがいいと思いますね。
自分で作るというのは良いことですが、日持ちするのか?本当にこれで作り方が正しいのか?など考えながら行うことになります。
品質のいいにんにくをりようした安心して飲めるにんにく卵黄を購入するほうが、ずっとよい選択だと思います。