ブランドにんにくはすごい

毎日といっていいほどににんにくを消費するのが中国。
中国はにんにくの産地としても知られています。
世界的にみてもにんにくの大きな産地で、世界の生産の80%を占めるというくらいです。
飲食店などでニンニク料理をいただく場合や、何かの料理ににんにくが入っているという場合には、一般的に中国産のものが利用されています。
私たちも家庭でにんにくを利用する場合には、スーパーで3個いくら・・・という安い中国産を利用していますよね。
でも、本当にいいにんにくを利用したいのなら、やっぱり、国産のにんにくに勝てるものはありません。
国産の中でも、濃厚な味と香りをもったブランドにんにくは一度利用すると、ほかのにんにくが食べられなくなるといわれるほどです。
日本産のにんにくで、ブランドにんにくと呼ばれているにんにくは、福地ホワイトです。
にんにくの差高級品種といわれています。
青森県南部で作られるこの福地ホワイトは、厳しい冷え込みの地域で強く冷たい偏西風を受けながら育ちます。
夏場の暑さと冬場の厳しい寒さという温暖さが、福地ホワイトを良質なにんにくに育て上げるのです。
過酷な環境、青森だからこそ作ることができるブランドにんにくです。
良い土と環境、そして人が世話をしっかりして生まれるブランドにんにく。
こうした福地ホワイトなどをにんにく卵黄にした商品も高い人気を得ています。